潜在的なセキュリティリスクありの警告解決方法は?SSL証明書の更新方法

本日、しばらくログインしていなかった自分のサイトに久しぶりにアクセスしてみた所、
警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」と表示され、

自分のサイトにアクセスする事が出来ませんでした!!

私は普段インターネットの閲覧にFirefoxを使用しているので、上記↑↑ 警告画面はFirefoxの物ですが、

他ブラウザではどうかと思ってGoogle Chromeでもアクセスしてみても、やはり同様に「この接続ではプライバシーが保護されません」という警告画面↓↓ が表示されて自分のサイトにアクセス出来ません。

「しばらくログインしてなかった」とは言っても、先月には普通にログインして更新出来ていたので、

何もした覚えが無いのにいきなりこんな警告表示が表示されて、頭の中は「何で?何が起こったの!?」ともはやパニック。

自分のサイトが表示されない時の原因で直ぐに思い当たるのは「サーバー or ドメイン料金の支払い忘れ」が在りますが、その点は大丈夫。
(元々しばらく休止していたサイトを、サーバー料金を払って復活させたので)

結果的に、アクセスしようとしていたサイトは「SSL証明書の期限切れ」のせいで警告表示が出ていた為、「SSL証明書」を更新する事でこの警告表示は解決しました。

この記事では私がどうやって「潜在的なセキュリティリスクあり」の警告を解決したか、その方法を記しておきたいと思います。

まずはじめに日付と時刻の確認

上記↑↑ 警告画面にも表示されていますが、まずは日付と時刻が現在と合っているかの確認です。

※古いパソコンを使用していた時に数回経験が在ったのですが、パソコンに表示されるカレンダー(日付と時刻)が狂っていて過去のカレンダーになっており、警告が出た事がありました。

カレンダーのズレだった場合の対処法(Firefoxサポート)

「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」が表示されていた原因

日付と時刻が現在の物と合っている場合、これまた警告画面に表示の通り「ウェブサイトの証明書が有効期限切れ」の可能性があります。

警告が出た時は動揺して見落としていましたが、警告画面の右下にある「詳細情報」ボタンをクリックすると、フツーに証明書の期限が切れている事が記載されていました。
(2020年4月8日に期限切れ)

※ちなみに「危険性を承知で続行」ボタンをクリックすると、自サイトにログインは出来ます。

「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」の解決方法

「SSL証明書」の更新方法

1. 私は「XSERVER(エックスサーバー)」でサーバー契約をしていた為、まずはXSERVERのサーバーパネルにログイン。

2. 該当のサーバーの「サーバー管理」ボタンをクリック。

3. 該当サーバーのサーバーパネル内メニュー「ドメイン設定」の「SSL設定」をクリック。

4. ドメイン選択画面で、該当の「ドメイン」を選択。

5. SSL設定画面で「証明書が失効」している表示が出ているので「更新」ボタンをクリック。

6. 「SSLサーバー証明書の更新を行う前に」確認事項が表示されるので、「更新する」ボタンをクリック。

7. 「SSLサーバー証明書」の更新完了!

「SSLサーバー証明書」の更新が終了すると、「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」表示も消え、普通に自サイトにアクセス出来るようになりました!

※今回、同じように証明書の期限切れの自サイトがいくつか在ったので、同様に更新した所、更新に失敗したサイトも…。。 ↓↓

赤字の「エラーが発生しました」という表示にこれまたドキーッとしましたが、

「設定に問題が無いのにエラーが出る場合は時間をあけて」との事だったので、数分後に再チャレンジしてみた所、普通に更新出来ました。

おわりに

普段頻繁に更新しているメインサイトではSSL証明書は「自動更新」されてたように記憶していたので(今までこの更新作業をやった覚えが無い)、今Xサーバーからのメールを見返してみた所、

ご利用期限を過ぎたサーバーアカウントでご利用の「無料独自SSL」は、SSLサーバー証明書の期限30日前から当サポートで順次実施する自動更新のお手続きを停止しております。

無料独自SSLをご利用の場合、更新のお申し込み・料金のお支払い手続き後、サーバーパネル内「SSL設定」をご確認の上、

有効期限間近・期限切れのSSLサーバー証明書を利用しているサイトは、「更新」ボタンをクリックし、証明書の更新手続きを行ってください。

という記載がありました。

それで気がつきましたが、今回警告が出たサイトはいずれも「利用期限が過ぎていた」サーバーで運用していたサイトでした。
(利用料金を支払っておらずサイトが表示されていない期間が在り、最近料金を支払いして復活させたサイト)

その為に自動更新が行われなかっただけで、普通にきっちり料金を払っていればこの「SSLサーバー証明書の更新作業」は必要が無いんだと思います。

自分の疑問は誰かの疑問。
今回の私の経験が参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です